NPO法人 相続・遺言サポートセンター 

遺言書の種類

NPO法人相続・遺言サポートセンターは相続のトラブルを未然に防ぐお手伝いをさせていただいております

遺言書の種類と特徴

呼び名 メリット デメリット
自筆(証書)遺言 ・お金がかからない
・気軽に書くことができる
・誰の目にも触れずに済む
・一般的に思いつく方法
・書式を守らないと無効となりうる
・遺族が気付かない可能性がある
・遺族は開封前に家庭裁判所で検認を受けなければならない
・無効な内容は無効として扱われる
秘密(証書)遺言 ・公証人が証明してくれる
(内容ではなく存在のみ)
・遺族は開封前に家庭裁判所で検認を受けなければならない
・費用はかかるが内容のチェックもなく、あまりメリットがないと感じる人が多い
公正証書遺言 ・内容に問題がないかを事前に公証人が確認する
・証人も確認の際に立ち会う
・公正証書となるので、確定判決と同様の効果を持つといわれる(遺族が勝手に変更できない)
・遺族が揉める余地がない
・家庭裁判所で検認を受ける必要がない
・紛失しても公証人が別に保管してくれている
・公正証書を作成する以上は相応の費用が必要
・打ち合わせを行って法的問題を解消しつつ作成するため若干の時間が必要

NPO法人相続・遺言サポートセンターについて

当法人では、上記3種類の遺言書の作成をお手伝いさせていただいております。
わからないことは何度でもお尋ねください。

NPO法人
相続・遺言サポートセンター
(福岡)

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-8-2
しんしょうビル1F

TEL 092-714-1755